インドのワインはどんなワイン?

歴史

インドでのワインのはじまりは意外と古く、紀元前4世紀ごろにさかのぼります。しかし英国統治の時代に、他のヨーロッパ諸国でも氾濫した病虫害の影響を受け、20世紀の直前に一度は衰退してしまいました。

しかし1980年頃、インド西部のマハーラーシュトラ州でワイナリーが再興し、インドワイン文化の復活が実りました。

現在最も歴史の古いグローバー・ザンパ・ヴィンヤーズは1988年に設立され、もともと大のワイン好きであった初代オーナー、カンワル・グローバー氏から現在はカピル・グローバー氏に受け継がれ、クオリティの高いワインを世界に送り出しています。

 

 

左からカピル・グローバー氏、ミシェル・ローラン氏、カンワル・グローバー氏

 

土地や気候

インドというと非常に暑く、ワイン用のブドウに適した土地があるのかという疑問が浮かぶかもしれません。

しかし、現在ワイナリーが集中している西インドのナーシクや、南インドのナンディ・ヒルは標高が約800~900mと高く、ブドウ造りに最適な寒暖差を生み出すことができております。

更にインドの強い陽射しを存分に受けた果実味たっぷりのブドウで造ったワインは、パワフルでフルーティーな特徴を持ちます。

ハイクオリティなワインを世界へ提供する

グローバー・ザンパ・ ヴィンヤーズ

グローバー・ザンパ・ヴィンヤーズは1988年に設立されました。

創業者のカンワル・ グローバー氏は大のワインフリークでした。自らフランスのワインを直接輸入し、その豊かな味わいを堪能し、料理とのマリアージュを楽しんでいました。

 

1970年頃にフランスへ旅行をした際、自分の生まれた地であるインドでもワインを造れないかと思い、

 

にワイナリーを訪ね、自分の国でも同じ品質のワインを製造したいと思うようになり、退職後の60歳から2011年85歳の生涯を閉じるまで全ての情熱をワイン作りに捧げ、インドで初めてのワイン醸造所を建設する夢を果たしたのです。

 

そして彼は、「インドのブドウ栽培の父」「インドのワイン産業の勇士」と呼ばれる存在にまでなりました。

実ったブドウを愛でるミシェル・ローラン氏

 

創始者であるカンワル・グローバー氏は、1980年から8年間に渡りフランスで醸造技術を学びました。

そしてシャンパン マム ヴィンヤードのテクニカルディレクタージョルジュ・ヴェッセル氏と出会い、まずフランスのブドウ品種の栽培に適したインドの土地を探しました。

さらにワインブドウに合いそうなマハーラーシュトラ州、アンドラプラデッシュ州、カルナータカー州の各地の気候、降水量、土壌などを比較し、分析の為に土壌をフランスに送りました。

そして33種のブドウ品種を植えた上で9種類のみが選択され、バンガロール北部にあるナンディヒルの麓の40エーカーの土地で栽培され、その5年後の1992年にようやく最初のワインが誕生しました。

ジョルジュ・ヴェッセル氏の引退後、グローバー氏はボルドーを旅していた時、世界的に有名なフランスのワインメーカーミシェル・ローラン氏と出会います。

その時、彼は既にアルゼンチンとチリのワイナリーで働いていたので、彼を招くことはたやすくなかったのですが、やがてグローバー氏の情熱が伝わり1995年以来、ミシェル・ローラン氏をコンサルタントとし魅力的なワインを生産し続けることができました。